「エンハンス」カテゴリーアーカイブ

≪バハムート降臨≫新カード【怨嗟の声】を考察

ネクロマンサー

ブロンズ

【怨嗟の声】コスト3 スペルカード
ゴースト2体を出す。

 [エンハンス]8:その後、それらのゴーストは必殺を持つ。

【ゴースト】「疾走」

攻撃力1 体力1

場を離れるときか自分のターン終了時、このフォロワーは消滅する。

 

 

ゴースト自体は相手のフォロワーを殴っても消えますし、ターン終了時にも消滅します。

そのため、自分の場にゴーストが出たら相手リーダーに攻撃をするか、場に出ている相手フォロワーを殴ってこちらの場のフォロワーの数を4枚に調節し、骸の王を0コストで場に出す事が可能になります。

骸の王デッキでは3枚積んでも良いくらいの高性能ですね。

 

また、このカードはそれだけでなくバハムート降臨の新能力である「エンハンス」を持っています。

 

エンハンスについてはこちらの記事を参考にしてください。

新能力「エンハンス」についてわかりやすく解説してみた

このエンハンス8で「必殺」を持つというのがかなり使えると思います。

 

仮に相手が終盤にフィニッシャーを出してきても、2体まで破壊する事が可能になります。

 

確かにコストは重いですが終盤お互い手札を使い切るような泥仕合になった時でも、「必殺」さえあればかなり優位に立ち回る事が出来ます。

 

このカードをエンハンス能力を使って出された時に、特に嫌がる相手は誰かと考えたら、エイラビショップ泣かせだと思います。

 

エイラでやっとの思いで強化したフォロワーがあっさり倒されるので、終盤ネクロが大逆転出来る可能性もあります。

 

骸の王を入れたアグロネクロで3ターン目に骸の王を出しやすくなった事で、序盤に相手を詰める事も出来るし、終盤にも逆転の可能性が残された非常に良いカードだと思いました。

新能力「エンハンス」についてわかりやすく解説してみた

新パック新能力「エンハンス」とは?

 

カードのプレイ時、自分の残りPPがエンハンスの後に書いてある数字以上なら、コストを支払う代わりに数字分のPPが減り、能力が発動する。
1枚で2つ効果を持つカードもある

数字分のPPが減り=エンハンスの後に書いてある数字のコストを支払う=最大PPが減るわけではない

 

下記のカードで詳しく解説します。

ニュートラル

【氷獄の呼び声】5コストスペルカード
能力:相手のフォロワー1体を破壊する。

[エンハンス]8
上記の効果の後、【サタンズサーヴァント】1枚を手札に加える。

【サタンズサーヴァント】5コスト フォロワーカード
攻撃力13 体力13

残りコストが5なので≪能力:相手のフォロワー1体を破壊する。≫のみ発動。

残りコストが8なのでエンハンスの≪上記の効果の後、【サタンズサーヴァント】1枚を手札に加える。≫が発動。

上記の効果=≪能力:相手のフォロワー1体を破壊する。≫なので、

この場合は2つの効果が発動する事になります。

残りコストが5なので≪能力:相手のフォロワー1体を破壊する。≫のみ発動。

最大PPは8ありますが、エンハンスが発動する条件は、

残りコストが8ある時だけです。

もちろん最大PPは0にはなりません。

もう一つ例を挙げてみます。

ドラゴン

【サラマンダーブレス】コスト2 スペルカード
能力:相手のフォロワー1体に3ダメージ。
[エンハンス]6
上記の効果の後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

残りコストが2なので、≪能力:相手のフォロワー1体に3ダメージ。≫のみ発動。

残りコストが6なので、エンハンスの≪上記の効果の後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。≫が発動。

上記の効果=≪能力:相手のフォロワー1体に3ダメージ。≫なので、

この場合も2つの効果が発動する事になります。

残りコストが3なので≪能力:相手のフォロワー1体に3ダメージ。≫のみ発動。

最大PPは6ありますが、エンハンスが発動する条件は、

残りコストが6ある時だけです。

 

まとめ

 

ネクロ使う人ならよりわかって頂けそうですが、

わかりやすく言うと【腐の嵐】ですね。

相手のフォロワーすべてに1ダメージ。

が、ネクロマンス6だと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。

このネクロマンスがエンハンスに該当する部分で、

エンハンスは条件が残りコストですがネクロマンスは条件が墓地の数です。

 

「誤ってエンハンスカードを先に出してエンハンスが発動してしまい、残りコストがなくなって他のカードが出せなくなってしまった!」

なんて事にならないよう先に出すか、後に出すか、状況に応じてプレイイングには注意深くなる必要がありそうです。