用語集

シャドウバース用語集

ア行

・アグロ

デッキタイプの1つで、フォロワーを軸に、序盤から積極的に相手リーダーを攻撃し、早い段階での決着を狙ったデッキの事。

・圧縮

スペルやフォロワーの能力により、ドローを加速させてカードを引きやすくする行為の事。

・アドバンテージ

略して「アド」と呼ばれる事が多い。
盤面を支配し相手より優位に立つ事。
相手より手札の枚数を増やす「ハンドアドバンテージ」
体力の面で優位に立つ「ライフアドバンテージ」がある。

アドをいかに取れるかで勝敗が決まる。

・アミュレット

プレイすると場に出て、能力を発揮する種類のカードのこと。

攻撃力や体力を持たない。

・一方的トレード

相手のフォロワーを討ち取った上で自分のフォロワーの体力が残るトレードの事を言う。

いかに一方的トレードを行うかでアドが取れるかが決まる。

・EP

EvolutionPointの略称。進化するために必要なポイントの事。

・エンハンス

カードのプレイ時、自分の残りPPがエンハンスの後に書いてある数字以上なら、コストを支払わずにエンハンスの数字分のコストを使ってエンハンス能力が発動する。
1枚で2つ効果を持つカードもある。

・重い

コストが高いカードばかりきてしまい上手く立ち回る事が出来ない状態のこと。頻繁に使われます。

・AoE
AreaofEffectの略称。

全体に効果を及ぼすカードの事。

 

カ行

・カウントダウン

カウントダウンを持つアミュレットは、記載されている数字分のカウントが表示された状態で場に出る。自分のターン開始時に1つ減り、カウントが0になると破壊されて墓場に置かれる。

・覚醒

自分の最大PPが7以上の状態のこと。

主にドラゴンクラスが覚醒状態で特殊能力を発揮するカードが多い。

・火力
相手リーダーや相手フォロワーに直接ダメージを与える能力やスペルの事。

・軽い

重いと逆で低コストが手札に多い状態のこと。主に1コスや2コスの事を指す。

・顔面

リーダーの事。「顔面を殴る」と使われる事が多い。

リーダーを攻撃する事を指す。

・キャントリップ

通常の効果のおまけとしてカードを1枚引く能力を持ったカードのこと。
アドバンテージが得られ、デッキの圧縮にも繋がる。

・腐る

使い道がなく活躍できないカードのこと。
引くタイミングによって腐ってしまう事がある。

フォロワー強化カードなのにフォロワーがいないなど。

・交戦

自分のフォロワーが相手を攻撃する時だけでなく、

攻撃される時の状態も指す。

・構築

デッキタイプを構成する事。

・コントロール

場を支配するという意味もある。

ゲームの流れを支配して勝利を目指すデッキタイプの事を指す。

・コンボ

2枚以上のカードの組み合わせで通常では得られない相乗効果を生み出す事を指す。

サ行

・サレンダー

敗北宣言の事。リタイアとも言う。

勝つ見込みがなかったり詰んだ状態に使われる。

・サーチ

狙ったカードをデッキから探し手札に加える行為を指す。

勝利の決め手となるカードを持ってくるようにデッキを構築する事が多い。

・疾走

場に出たターンに攻撃が出来るフォロワーの能力。

・シナジー
相性の良いカードを組みあわせて良い影響を与えあう事を指す。
コンボと似ているが、コンボよりも比較的緩い意味合いで使われることが多い。

・守護

守護を持つフォロワーが自分の場にいる場合、相手は守護を持つフォロワー以外を攻撃できない。

・除去

フォロワーにダメージを与えて破壊したり、消滅させることで相手のカードを場から取り除くこと。

・スタッツ

フォロワーの強さの指標で、攻撃力と体力の合計値のこと。

・スペルブースト

ウィッチの特殊能力で、手札にスペルブーストカードがある時、他のカードでスペルを使用する度にブーストされて効果が増す事を指す。

・潜伏

潜伏を持つフォロワーは、相手の能力で選択されず、相手のフォロワーから攻撃されない。潜伏を持つフォロワーが攻撃するか、ダメージを与えると、潜伏は失われる。

 

タ行

 

・デバフ

フォロワーを弱体化させる効果の事。

・Tier
デッキタイプの強さで分けられた階級の事を指す。
Tier1が現環境最強で、次いでTier2、 3と弱くなります。

・突進

場に出たターンにも、すぐに「相手フォロワーのみ」に攻撃することができるフォロワー能力の事。疾走と違い、場に出たターンは相手リーダーを攻撃できない。

・ドレイン

自分から攻撃してダメージを与えた時のみ、与えた分だけ自分のリーダーを回復できる。

・ドロー

カードを引くこと。

・トークン

カードの効果で生成される特殊なカードのこと。

 

ナ行

・ナーフ

強すぎてゲームバランスが崩れるカードがアップデートで弱体化修正される事を指す。

過去に「根源への回帰」が5コスから7コスになったり、

「収穫祭」が2コスから4コスになったり、

βテストの段階には「次元の超越」が15コスから18コスになりました。

・ネクロマンス

ネクロマンサーが持つ特殊能力。記載されている数字分の墓場を消費することで追加の効果が得られる。数字分以上の墓場がある場合において墓場の消費は強制であり選択不可。

ハ行

 

・バーストダメージ

1ターンの間で出せる最高ダメージのこと。

・バウンス

場にあるカードを手札に戻す効果の事。

・バニラ

能力を持たないフォロワーの事。

総じて基礎攻撃力と体力が高め。

・バフ

フォロワーの攻撃力や体力を強化する事。

逆に弱体化させる事をデバフと呼ぶ。

・ファンファーレ

プレイされて場に出た時に発動する能力のこと。

・フィニッシャー

ゲームを決めるカードのこと。

・フェイス

相手リーダーの事を指す。顔面と同じ。盤面を無視してただ顔面だけを殴り続けるデッキの事を、フェイスデッキと呼ぶ。

・フォロワー

プレイすると場に出て、攻撃力と体力を持ち、攻撃できるカードの種類のこと。

・復讐

自分の体力が10を切った状態。ヴァンパイアには復讐状態で特殊効果を発揮するカードが多い。

・プレイ

手札からカードを使用する事を指す。「ファンファーレ」と書いてある効果はこのタイミングでのみ発動する。

・分身

同じカードを1体場に出す効果のこと。「コウガノクノイチ」など。

・プール

デッキを組む上で使えるカードの種類の事を指す。

・ボード

場のことを指す。場の優位性を「ボード・アドバンテージ」という。

マ行

・マナカーブ

デッキに入っているカードをコスト毎に枚数ごとグラフにした曲線を指す。
高コストばかりであれば手札が重くなり事故が多くなる。

・マリガン

ゲームの初手にカードを引き直す事。

・ミッドレンジ
主に中型以上のフォロワーでゲームを決めるデッキタイプの事を指す。

・ミラー

自分と同じリーダーとの対戦を指す。

・メタ

現在の環境を読んで、流行っているデッキタイプに対して有利に立ち回れるタイプのデッキを使う戦略を指す。

 

ラ行

・ラストワード

フォロワーやアミュレットが破壊された時に発動する能力のこと。

・ランプ

ドラゴンが使える。PPを増やす特殊能力を利用し、PPブーストして有利な状態で中盤から高コストのフォロワーを繰り出すデッキタイプの事を指す。

・リミテッド

あらかじめ用意したデッキで戦うのではなく、その場で開封したパックを使用して作ったデッキで戦うゲームのこと。

アリーナの2pickがリミテッドである。

・リーサル

相手が何もしてこなければ次のターンでゲームを決められる状況。

・リーダー

バトルする際のクラスキャラクターの事を指す

・リノ算

「リノセウス」を使ったダメージ計算のこと。

 

おまけ

・GMD

「ゴブリンマウントデーモン」の略称。

オーキングマスターが定着したためOKMともいう。

・ハゲ

「鉄槌の僧侶」の事。見た目からきてる。

・リンゴン

「ベルエンジェル」の事。セリフからきてる。

・ンゴー

ンゴゴと喋る「クレイゴーレム」の事。