≪バハムート降臨≫新カード【怨嗟の声】を考察

ネクロマンサー

ブロンズ

【怨嗟の声】コスト3 スペルカード
ゴースト2体を出す。

 [エンハンス]8:その後、それらのゴーストは必殺を持つ。

【ゴースト】「疾走」

攻撃力1 体力1

場を離れるときか自分のターン終了時、このフォロワーは消滅する。

 

 

ゴースト自体は相手のフォロワーを殴っても消えますし、ターン終了時にも消滅します。

そのため、自分の場にゴーストが出たら相手リーダーに攻撃をするか、場に出ている相手フォロワーを殴ってこちらの場のフォロワーの数を4枚に調節し、骸の王を0コストで場に出す事が可能になります。

骸の王デッキでは3枚積んでも良いくらいの高性能ですね。

 

また、このカードはそれだけでなくバハムート降臨の新能力である「エンハンス」を持っています。

 

エンハンスについてはこちらの記事を参考にしてください。

新能力「エンハンス」についてわかりやすく解説してみた

このエンハンス8で「必殺」を持つというのがかなり使えると思います。

 

仮に相手が終盤にフィニッシャーを出してきても、2体まで破壊する事が可能になります。

 

確かにコストは重いですが終盤お互い手札を使い切るような泥仕合になった時でも、「必殺」さえあればかなり優位に立ち回る事が出来ます。

 

このカードをエンハンス能力を使って出された時に、特に嫌がる相手は誰かと考えたら、エイラビショップ泣かせだと思います。

 

エイラでやっとの思いで強化したフォロワーがあっさり倒されるので、終盤ネクロが大逆転出来る可能性もあります。

 

骸の王を入れたアグロネクロで3ターン目に骸の王を出しやすくなった事で、序盤に相手を詰める事も出来るし、終盤にも逆転の可能性が残された非常に良いカードだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です